【交通事故数の推移】交通事故は増えている?減っている?その理由とは


私たちの生活になくてはならない車。便利な半面、誰でも交通事故の被害者にも加害者にもなってしまいます。また、最近高齢者の運転する車が起こす事故をよく耳にします。このような高齢者の事故は増加しているのでしょうか。

警視庁が公開している資料を元に、交通事故数が増えているのか減っているのか、その理由とともに見ていきましょう。

交通事故件数の推移

交通事故は自動車の普及とともにその数が増えていました。昭和45年におよそ71万件を記録し、一度ピークを迎えることになります。その後、オイルショックの影響などで増減し、平成16年に最大となる約95万件を記録しました。

その後、交通事故の発生件数は減っていて、平成29年では約47万件まで減少しています。

交通事故死亡者数の推移

警視庁が統計を保有している昭和23年以降、運転免許の保有者数や自動車数の増加に加え、信号機や歩道などの整備が不十分だったこともあり、交通事故での死亡者数はその数が増えていました。その結果、交通事故の件数と同様に昭和45年に16765人で最大となっています。

その後警察や政府の取り組みによってその数を減らしていきます。しかし、平成4年前後で、さらなる自動車の普及や、ベビーブーム世代が運転免許を取得できる年齢になり、運転技術が十分でない若者が増加します。その結果死亡者数は11452人にまで増加してしまいました。

その後、運転者教育の充実やシートベルト着用の義務化などによってその数を減少させていきます。そして、平成29年の死亡者数は昭和23年以降最少の3694人にまで減っています。

最近増加している事故

交通事故数、交通事故死亡者数は減少傾向にありますが、その数は0ではありません。では、現在どのような事故が多いのでしょうか。平成29年では、歩行中、自動車に乗っているとき、自転車に乗っているときの順に死亡事故が多く、昭和45年前後では歩行中の事故が、平成4年前後では自動車に乗っているときの事故が最も多くなっています。

事故の種類としては、過去から現在まで正面衝突や横断中の死亡事故が多いのです。また交通事故の死亡者数は減少していますが、その死亡者数の中で高齢者の占める割合は依然として高い状態となっていて、平成29年は過去2番目の高さとなっています。

高齢者が被害に遭いやすいという状況は、人口あたりの死者数は減少しているものの、高齢者の人口あたりの死者数が全年齢層の2倍であることからもわかります。

高齢者が起こす事故

これまでで、高齢者が交通事故の被害に遭いやすくなっていることがわかりました。では、高齢者が起こす事故に関してはどうなっているのでしょうか。免許人口あたりの死亡事故件数を見てみると、75歳以上の高齢運転者は75歳未満の運転者と比較して死亡事故が多く発生しているのです。

それもそのはずで、平成19年以降、75歳、80歳以上の免許保有者数はともに増加していて、平成29年では平成19年と比較して75歳以上は約1.9倍、80歳以上は約2.3倍、免許保有者数は増加しています。とはいうものの、高齢運転者の起こす免許人口あたりの死亡事故数は減少傾向にあります。

しかし高齢運転者による死亡事故件数は、75歳以上では75歳未満の運転者に比べて約2.1倍、80歳以上では約2.9倍の水準にあり、高齢なほど事故を起こしやすくなっていると言えるのです。

高齢者の事故原因とは

交通事故の人的要因として、ハンドル操作ミスなどの「操作不適」、車両の見落としなどの「安全不確認」、漫然運転などの「内在的前方不注意」、脇見運転などの「外在的前方不注意」、「判断の誤り」が挙げられます。75歳未満では、安全不確認、内在的前方不注意、外在的前方不注意、操作不適、判断の誤りの順で並んでいます。

それに対し、高齢運転者の事故原因として多いのは、アクセルとブレーキの踏み間違い、ハンドル操作ミスといった運転の操作不適によるものが最も多いのです。そのうち、アクセルとブレーキの踏み間違い事故は、75歳未満が全体の0.8%にすぎないのに対して、75歳以上の高齢運転者は6.2%と非常に高くなっています。

死亡事故を起こした75歳以上の高齢運転者は、検査の結果から認知能力の低下が見られた人の割合が高かったのです。この結果から、認知機能の低下が死亡事故の発生に影響を及ぼしているのではないかと推測されています。

「交通事故による水頭症が増えている」

事故数減少の理由とは

では、交通事故の件数が減少しているのはどういった理由からなのでしょうか。まず、交通事故数の減少の理由として、政府や警察の取り組みが挙げられます。政府では交通安全対策基本法に基づき、陸上、海上、航空交通の安全に対する長期的な計画である「交通安全基本計画」を5年ごとに作成しているのです。

これは、高齢者や歩行者といった交通事故の被害にあいやすい人たちの安全の確保などを基本理念としています。平成28年の3月11日に第10次交通安全計画が作成されました。その他にも、車の性能自体の向上が挙げられます。

最近の車には最新の技術が取り入れられています。例えば、先進安全自動車(ASV)といって、車のいたるところにセンサーを取り付け、周りの危険な状況を察知したり、車同士の情報を交換することで、事故を未然に防ぐ技術を取り入れた車が販売されています。

前方の歩行者を察知して、自動でブレーキをかける車のCMを見たことがあるのではないでしょうか。このような車が増えてきたことから、近頃では車を「動くコンピューター」と比喩することもあるくらいです。このように車自体の性能が向上することによって、事故を未然に防ぐだけでなく、万が一事故が起きてもその被害が小さくなっているのです。

これからの交通事故件数はどうなる?

自動車の安全性の向上や、法整備などによって自動車事故の件数が減少しています。統計のグラフを見る限り、これからも件数は減少していくことが予想されます。しかし、先程紹介した第10次交通安全計画では、交通事故発生から24時間以内に亡くなる方の数を2500人以下にすることを目指しています。

この目標を達成するためには、あと3年の間でさらに1200人近く減少しなければなりません。これまでの法整備や取り締まりなどでシートベルト着用率が頭打ちになっていることや、飲酒運転の交通事故数が下がりきってしまったことなどから、この他の要因でどうやって死者数を減少させるかが難しい問題となっています。

また、前述のように高齢者数がどんどん増加していることもこれを難しくさせる要因の一つとなっているのです。